日本製カラコン

安心の日本製カラコンがここで手に入りますよ!

Fall in Eyez

私はここで日本製カラコンをゲットしました!
日本初!唯一の国産カラコンメーカーのFall in Eyezです。

 

臨床試験も実施している安全の日本製カラコンを数多く取り扱っています。
日本のカラコン工場を製造され、厳しい検査に適合したものだけを販売!
度ありレンズ、度なしレンズ、プレミアム、コラボレンズなど種類も豊富。

 

有効期限切れ間近の日本製カラコンを50%OFFで販売していたりもします♪
購入してから最短当日で届けてくれる手際の良さも嬉しい点です。
法律に定められた安全試験を全てクリアし、厚生省からも承認されています。

 

海外製のカラコンは危険がいっぱい・・・

韓国製や台湾製、中国製のカラコンがネットで安く売られているようですが、
海外製のカラコンって危険な被害報告が数多くあがっていますよね。

 

  • カラコンの色素が溶け出したり・・・
  • 寄生虫が付着していたりとか・・・
  • 角膜潰瘍や角膜浸潤になったりとか・・・

 

海外製の粗悪なものを着用しての眼障害が数多く報告されているようです。
中には失明してしまった人もいたりとか・・

 

いくら安いからといって海外製のものを着用するのではなく、
安心の日本製のものを着用したいですよね。

 

日本製のカラコンってなかなか売っていなかったりするけど、
Fall in Eyezなら日本の工場で製造され、安心安全の検査を実施して
基準を満たしたものだけを扱っています。

 

 

 

海外製のカラコン被害で一番多いのが色素が溶け出すという現象!
目の表面に触れたレンズから着色料が溶け出して眼に悪影響を与えてしまいます。

 

カラコンに使用されている着色料には以下のようなものがあります。

フタロシアニン系着色剤、金属酸化物系着色剤、芳香族化合物系着色剤、炭素系着色剤、アゾ系着色剤、イソインドリン系着色剤、ジオキサジン系着色剤、炭素系着色剤・・・

こういったものが溶け出して直接目に触れるなんて考えただけでも恐ろしいですよね。

 

ですが、Fall in Eyezの国産カラコンなら色素が溶け出すといった不安もありません。
サンドイッチ構造といって着色面を包み込むように製造されていますからね♪

 

 

↓Fall in Eyes 公式サイト↓

海外製のカラコンを使用したことによる私の被害・・・

私が19歳の頃、お気に入りのカラーコンタクトがありました。

 

今まで何度も色々なカラーコンタクトを試しており、失敗し、やっと自分にぴったりのカラーコンタクトを見つけました。
そのお気に入りのカラーコンタクトは色味やデザイン・着色直径などが本当にぴったりだったのです。

 

モデルのプロデュースで10色程度カラーバリエーションがあり、コストパフォーマンスも1か月2000円程度と安く、
他のメーカーのカラーコンタクトに挑戦する勇気はありませんでした。

 

しかし、カラーコンタクトを使用している人に人気のせいか、どの店に行っても、いつ行っても品切れなのです。
運がいいと巡り合えることもありましたが、その時はまだ新しいカラーコンタクトに変えたばかりだし、
まだ買わなくてもいいや。という感じで・・・コンタクトの使用期限が切れたときに限って巡り合えないのです。

 

そのこともありそのカラーコンタクトを半年間使用していました。
そして、その頃はとても仕事が忙しく毎日つけっぱなしで、寝る時も装着したままなど、
そのようなことが多々ありました。週に1度外す程度でした。とても不衛生です。

 

その結果ものもらいが出来ました。雑菌が繁殖したのでしょう。
海外製のカラコンを使用していたことも原因だったと思います。
しかも左目に3か所もでき、右目にも1箇所左目からうつったのです。

 

度数のないカラコンなので、右目と左目を分けておらず、
左目のカラコンを右に装着した結果雑菌がうつったのだと思います。

 

その頃カラーコンタクト依存が強く、カラーコンタクトなしでは外に出られないことから、
病院にも行けませんでした。(診察時外されるから)

 

そして、絶対にやってはいけない事ですが、針でものもらいをつぶしカラーコンタクトをしている上から
市販のものもらいの目薬をさしていました。

 

どうにか切り抜けることができ、完治しましたが、絶対に眼科に行くほうがいいと改めて実感しました。

 

ちなみに今は日本製のカラコンを使用していますが、カラーコンタクトに強い依存はありません。
家族の前でも外しています。

 

鏡で毎日本当の自分の目を見る時間を長く作ることで、カラーコンタクトへの依存も減り、
ものもらいなどの眼病も防げると思います。

 

↓Fall in Eyes 公式サイト↓